2018年01月18日

聖☆おにいさん ⑭巻

1100970426.jpg

うぁっ、写真がぶれてしまいました。
聖兄⑭巻です~。
今回の表紙はお月見にでかけるイエスとブッダ。
何気に表紙が毎回非常に凝ってるんですよね~
楽しみな要素の一つです。

ああ・・・やっぱり聖おにいさんは癒し系の究極形態だ・・・。
いや~今巻も中村節が淡々と炸裂しております。
この漫画、大爆笑とはいかないものの、読んでいるとフフッとなったり
確実ににやけてしまうという、公共の場では決して読めない業の深い漫画なんです。

北欧の神々が何故イケアに住んでいるのか非常に興味深いところではありますが、
それはまぁ置いといて(笑)スタンプラリーの回がとても良かったです(笑)
中村先生は本当にどこからでも笑いを創り出せるという
凄まじいギャグセンスの持ち主なのですが、
なんとなく、一般常識を熟知してらっしゃるというか、
空気を読むのが上手というか、世間の動向に非常に敏感なんだなと感じます。
じゃなきゃこんな繊細な笑いは描けないはず。

散々ろくでもない弟子を出しておいて、
このタイミングで至極まともなイエスの○○が現れるとか
かなりインパクトありましたね。
ぶっちゃけ後半全てこの○○にもってかれてるような(笑)

なんだかんだで聖兄も⑭巻・・・。
連載開始頃の大きな笑いの勢いが段々と衰えてきている感は否めない・・・。
ところどころマンネリだったり、解釈が無理やりな箇所も目立ってきた印象。
なにか大きな転機があるといいのかも・・・
住む場所を変えてみるとか、アパートから遂に追い出されるとか、
お互いの実家に帰省してみるとか・・・って勝手な憶測ですが(笑)

しかし聖おにいさんが遂に実写化かー。
アニメ映画のほうは、星野源さん×森山未来さんという贅沢過ぎるタッグで
ブッダとイエスの生活が忠実に再現されていて、舌を巻くような出来でしたね。
実写版はなんと今をときめく山田孝之さんがプロデューサー。
この俳優さん、あまり詳しくは知らないのですが、
昨今での活躍をみると、非常にアグレッシブな役者さんのよう(笑)
勇者ヨシヒコや銀魂、モンハンCMなど、
サブカル原作との相性の良さが特に際立っている演技派
(というか体当たり派?笑)というような印象を受けます。
堅実な演技とシュールな笑いには定評のある
「ヨシヒコ」ペアであれば、聖おにいさんも安泰ですね(笑)
素直に楽しみです。うーん、配役が気になる~~!!
posted by 紺 at 19:08| Comment(0) | 漫画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください